川柳二七会

せ ん り ゅ う に ひ ち か い

毎月二十七日に道頓堀「治兵衛」で句会を開催しています

七月句会の案内

 

令和六年 :七月句会 :7月27日(土)
                       午後1時開会
会場:道頓堀「治兵衛」06-6211-0489
(大阪メトロ・近鉄・南海・JR各なんば駅
北端25番出口を出てUターン北へ2分吉野屋から二軒目)
宿題「ナンバー」二句単記   選者当日発表
   〃 「すんなり」二句単記   片岡 加代 選
   〃 「歌        う」   三句連記   楠本   晃朗 選 
    〃 「      食      」 三句連記    森       茂俊 選

招待選者ご紹介   番傘川柳本社幹事長
互選題「すれすれ」二句   八月句会に    出席者のみ投句下さい
【会費】三千円(お食事共、飲み物別)
*6月句会で事前投句を未投句の会員、
    7月句会に出席のお客様は 、
    事前投句「ちょぼちょぼ」二句を 

    7/20日(土)迄に茂俊まで
   メール、ハガキで投句の上出席して下さい
(お食事のご用意のためよろしくご協力
    お願いいたします。)
<事前投句先>
メール:[email protected]
ハガキ:〒567-0057  茨木市豊川1-17-6


 

二七会の誕生

昭和34年7月道頓堀で二七会は誕生しました。
岸本水府初代会長の元、大阪の芸人、財界人、老舗の主人、女将さんを中心に川柳の初心者が毎月27日に句会をはじめたのが最初です。
創立時の会員は40数名でしたが、翌年の一周年記念句会時は150数名の会員を擁する大所帯だったようです。 

 

道頓堀の「うどん  今井」の店頭に、
二七会が創立一周年を記念して建立した句碑

「頬かむりの中に日本一の顔     水府」